過去のキーワード

あ行

アウトソーシング
アサーション
アディポネクチン
アドボカシー
アラフォー世代
アンメット・メディカル・ニーズ
イノベーション25
イクボス
医療ADR
医療・介護総合確保推進法
医療観光(メディカルツーリズム)
医療コンシェルジュ
医療法人制度見直しに関する改正
ウィキペディア
ウィークタイズ
ウィズ・エイジング
オレンジプラン

か行

カーボンオフセット
介護保険移行基準病棟と経過型介護療養型医療施設
カロリーリストリクション
患者申出療養(仮称)
がん診療連携拠点病院
希望出生率
キャッシュフロー
キャンサーボード
クラウド・コンピューティング
クリニカルインディケーター
クリニカルラダー
クリニクラウン
グリーンケミストリー
ケアメン
減価償却・減価償却費
健康経営銘柄
健康フロンティア戦略
高齢者専用賃貸住宅
コーチング
コードグリーン
コンピテンシー
コンプライアンス

さ行

災害医療のキーワード、CSCAとTTT
在宅療養支援診療所
サーチュイン 長寿遺伝子
里山資本主義
サブプライムローン問題
ジェンダーフリー
事業継続計画(BCP)と事業継続マネジメント(BCM)
地震、雷、火事、親父
自炊
社会医療法人
#8000
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
10万人の命を救うキャンペーン(100K Lives Campaign)
情報セキュリティシステム
(ISO/IEC15408・27001)

賞味期限と消費期限
女性医療
新医師臨床研修制度
新素材
ストレスチェック制度
スパイクス
スマートコミュニティ
総額表示方式
尊厳死法制化

た行

ダイバーシティ経営
タスク・シフティング
地域包括支援センター
つながらない権利(The right to disconnect)
定昇とベア
データヘルス計画
デバイスラグ(device lag)
電子レセプト
独立行政法人

な行

ナース・プラクティショナー
任意後見制度
ノロウィルス
認定看護師制度
ノーマライゼーション

は行

バイオミミクリー
バイオメトリックス
パストラルケア
ハビリテーション
パフォーマンス・デベロップメント
パラレルキャリア
ハーレムシェイク
パワーリハビリテーション
ピアサポート
ビアーズ基準
非営利ホールディングカンパニー型法人
病院機能評価の新バージョン
病床種別届
フィッシュ!哲学
フェイスブック
フォーカスチャーティング
フードファディズム&メディアリテラシー
プレミアムフライデー
分子標的薬剤
ヘリコプターマネー
ヘルスケアポイント
ヘルス・リテラシー(health literacy)
プレパンデミックワクチン
ボディメカニクス
ホメオパシー
ホールディングカンパニー型の新型医療法人

ま行

マインドマップ
マグネットホスピタル
ミステイクとスリップ
メタボリックシンドローム
メディア・ユニバーサル・デザイン
メディカルモール
メディカルラリー
メルトダウン
モンスター・ペイシェント

や・ら・わ行

ユマニチュード
夢の病院
リバースモーゲージ
粒子線治療
レギュラトリーサイエンス
ロコモティブシンドローム
ワークアウト
ワンピース世代 VS ガンダム世代

A~C行

ACT
Ai(死亡時画像病理診断)
BLI(「より良い暮らし指標」OECD)
BSC(バランストスコアカード)
CFS(慢性疲労症候群)
CCP マトリックス(重症度を考慮した評価手法)
CCRC
COPD「タバコ病」

D~F行

DESC法
DMAT
DNR「蘇生させないでください」
DRG/PPSとDPC
EBM
EU ETS(European Union Emission Trading Scheme)(欧州連合域内排出量取引制度)
e-ラーニング
FinTech(フィンテック)
FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)

G~I行

G N H(Gross National Happiness)
HACCP
HPKI[保健医療福祉分野公開鍵基盤]
HSR
ICタグ
ICT
ID-Link
iPSバンク
IPW(多職種連携)
IoT(Internet of Things)モノのインターネット
ISOについて

J~L行

JISX8341-3(JIS規格 高齢者・障害者等配慮設計指針)
Li-Fi(Light Fidelity,ライファイ)
LOHAS

M~O行

MCI(軽度認知障害)
NBM
NGN
NST

P~R行

P4P
PFI
PFM
PONR
QRコード
RRS (Rapid Response System)

S~U行

SPD
SSL/TLS
SS-MIX(厚労省の電子的診療情報交換推進事業)
TED(テド:Technology Entertainment Design)
TPP「環太平洋戦略的経済連携協定」

V~X行

VPD (ワクチンで防ぐことのできる病気)

Y~Z行

過去のキーワードはありません

キーワードTOP
病院協会TOP

 DESC法
H19.12月号
 ことばでコミュニケーションをするときの問題解決手法で、別に

  “問題解決のためのセリフ作り“

ともいわれている。


 相手とのコミュニケーションを大事にしたいと考えるときD・E・S・Cの順に話をしていくことにより、相手の立場を理解し、自分の状況を相手が認識でき、より良好な人間関係を築くことができる。   
 そのための言葉の選択は、とても大切なものとなる。

D(describe):状況や相手の行動を描写する(客観的、具体的で、
                              お互いが認識できること)

E(express,empathize):状況や相手の行動に対する自分の気持ちを表現する。相手の気持ちに共感する。

S(specify):特定の提案をする(相手に望む行動、妥協案、解決策など)

C(choose):選択する(肯定的、否定的結果を考え、行動の選択肢を示す)

 例として、友達と長電話になり自分は明日早いのでもう終わりにしたい、しかし友達は切ってくれそうにない場合

D:もう1時間も話したね。もうすぐ12時になるね。
E:あなたの話はよくわかった、しかし私は明日早起きをしなければいけない。
S:もう30分話したら終わりしようか。12時で電話を切るね。
C:この続きはまた3日後会ったときに聞くよ。明日こちらから電話するよ。

 DMAT(Disaster Medical Assistance Team)
H23.1月号
 災害時医療派遣チームのことをいう。15年前の阪神・淡路大震災では初期医療体制の遅れがなければ約5000人の命が救われたとされる。その経験から多くの命を助けようと平成17年に結成された。被災地での応急治療や医療情報収集、さらに被災地外に搬送される人への医療支援活動がある。
 従来、医療救護班は避難所の仮設診療所などで医療活動を行ってきたが、救命医療としては十分ではなかった。災害急性期に専門的な訓練を受けた医療チームが災害現場に出向き、現場での緊急治療や病院支援などを行うことができれば、死亡や後遺症の減少につながると考えられることから、こうした活動を担うために厚生労働省が発足させたのが日本DMATである。日本DMATの養成は、平成17年から災害医療センター等の「日本DMAT隊員養成研修」で実施されており、この研修を終了し厚生労働省に登録された者(医師、看護師等)がDMAT登録者となる。DMATの活動は、被災地の都道府県が他の都道府県、厚生労働省にDMATの派遣を要請することにより行われる。
 東京都が設置する東京DMAT(平成16年発足)など、自治体等で設置するDMTAもある。
 自然災害だけではなく、列車事故や航空機事故なども対象となる。平成17年のJR福知山線脱線事故や平成19年の能登半島地震などで活動している。
 県内では岡山赤十字病院、岡山済生会総合病院、川崎医科大付属病院、倉敷中央病院、津山中央病院の5病院で、計15チームある。

 DNR「蘇生させないでください」
H22.11月号
 DNRは“Do not resuscitate”の略語で、「蘇生させないでください」「蘇生の努力は止めてください」の意味で、(余命が限られているので)「緊急時に心肺蘇生をするな」との患者・家族の意思表示である。末期の疾患などで、急変時に蘇生処置を行っても回復の見込みが薄い場合、自然な死亡を優先させる旨をあらかじめ取り決めておくことをさす。
 日本救急医学会救命救急法検討委員会において1995年に以下のように定義されている。「DNRとは、尊厳死の概念に相通じるものであり、癌の末期、老衰、救命の可能性がない患者などで、本人または家族の希望で心肺蘇生法(CPR)を行わないことをいう。」一般には“蘇生不要”や“蘇生不適応”などのさまざまな表現をされており、医療機関ではDNRのまま使われているのが現状であろう。
 オーストラリアの救急専門医が80歳に達した際に、“DNR: Do not resuscitate”と文字どおり胸に刺青したそうだ。彼自身が救急専門医として、数多くの患者を「蘇生させた」立場だが、自分ではその処置を拒否している。彼の言い分は、「ずいぶん多数の患者に蘇生処置をしてきたが、完全に回復する比率はごく小さくて6パーセント未満だ。たまたま心停止の際に、モニターや除細動装置がそろっていない限り、蘇生の結果はいいはずがない。それで胸にこの刺青をした」というものだ。この人のこうした死生観は永年の経験によると同時に、80歳という年齢にもあるだろう。
 患者の自己決定権やインフォームド・コンセントが確立している欧米では受け入れやすい概念であっても、日本においては一般市民にまだ十分に受け入れられているとはいいがたい。元気なうちから、自分が死に直面した時について家族で話しておく環境が必要だろう。

 DRG/PPSとDPC
H15.6月号
DRG・・・Diagnosis Related Group
PPS・・・Prospective Payment System
DPC・・・Diagnosis Procedure Combination

 今年度から特定機能病院で施行された入院医療の包括評価払いの算定の基礎となっているものが診断群分類、即ちDPCです。DPCとは、診断と治療の組み合わせという意味ですが、従来使用されてきたDRG/PPSとは次のニつの点で異なります。

 まず1点目の違いは、欧米型のDRGが疾病を外科的処置の有無によって第一に分類するのとは異なり、DPCは傷病名を基本として、次に手術・処置の選択、最後に重症度や合併症の有無によって分類するため、臨床現場における診療の思考過程により近い分類であると説明されています。

 2点目は、従来のDRG/PPSが1入院当リの定額払いを基本としているのに対し、DPCでは1日当りの定額払い方式となっている点です。入院期間の長短に関わらず支払金額が同じことへの患者側の不満もありませんし、平均在院日数を超える入院でも病院が全額持出しとなることはありません。ただし、1日当りの包括点数には従来の入院料と同じ短期加算・長期減算の仕組みが取り入れられ、在院日数短縮へのインセンティブが働くようになっています。

 ”EBM(Evidence Based Medicine)”
H16.7月号
直訳すれば「証拠に基づく医療」だが、「科学的根拠に基づく医療」と訳される場合もある。
 実証的、疫学的な根拠に基づいた医療を実施することが重要であるという考え方のもとに、さまざまな病態に対する医学的な介入がどのような効果をもたらすか統計的に把握して、そこから最適 の診療行為を見出して行こうという方法論である。
 1992年、英国政府の支援で世界中の臨床的文献のデータベース化が始まったのが出発点で、 90年代半ば頃から医療界の大きな潮流となる。

 実際の診療の場においては、次のようなプロセスを踏むことが提唱されている。

ステップ1: 患者の問題の定式化臨床上の問題を回答可能な質問に文章化する
ステップ2: 問題についての情報収集
問題解決に利用する最良の根拠(診察や検査の結果、文献の内容など-evidence)を最も効率よく発見する
ステップ3: 情報の批判的吟味収集した情報の妥当性や有用性を検証・評価する
ステップ4: 情報の患者への適用臨床でその結果を応用する
ステップ5: 1~4のプロセスの評価
事後評価する


 いわば患者の具体的な問題から出発し、個々の患者に戻っていくプロセスである。

 EBMの考え方は、看護、薬剤、医療政策、公衆衛生などの分野でも取り入れられており、これらを含めてEBMと呼ばれることもある。

 EU ETS (European Union Emission Trading Scheme)(欧州連合域内排出量取引制度)
H27.6月号
 EU ETSは、欧州連合(EU)と域内における二酸化炭素(CO2)についての複数国による世界最大の排出量取引制度である。排出量取引制度は、市場原理を利用し、排出量に余裕がある場合は売却し、不足の場合は購入することで、効果的にコストをかけ、着実に削減目標を達成しようとする仕組みである。
  温室効果ガス削減に向けた世界的な取り組みは、1997年に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議 COP3)で採択され、その内容を議定書にしている。
  京都議定書でEUは、CO2を共同して削減することが認められ、国ごとの削減目標がEU指令で定められている。EU指令で定められている削減目標を達成するための一つの方法として、目標以上に達成した国の排出枠を未達成の国に買ってもらい、EU全体として京都議定書で約束した排出枠を達成しようとEU ETSで取り組まれている。EU ETSに参加している施設は、EUのCO2排出量の約半分、温室効果ガス排出量の約40%となるエネルギー部門や工業部門の1万を超える施設となっている。

 e-ラーニング
H19.8月号
 "e" は、electronic(電子的な)の意味であり、パソコンやコンピュータネットワークなどを利用して学習を行うことです。教室での学習に比べて、遠隔地にも教育を提供できる点や、コンピュータならではの教材が利用できる点などが特徴です。特に時間的に不規則な医療関係者には向いている学習法だと思います。一方で、機材の操作方法など、実物に触れる体験が重要となるような学習はeラーニングには向きません。eラーニングは企業の社内研修で用いられているほか、英会話や簿記などの資格試験受験用教材がインターネットで提供されており、最近、増えています。
 eラーニングの形態では、教材を物理的に届けるということはなく、学習者はインターネット又は社内LAN上で教材を取得、学習するという形となります。つまり、教材がおかれているアドレスを学習者に伝えれば、学習者はすぐに学習を開始することができます。プログラムも本体もサーバー上に置いておけばよいので、修正が発生しても、そのサーバーのファイルを変更すれば、学習者は最新の教材を常に受講できます。これにより制作者は、より柔軟なメンテナンスを行うことができます。また、受講状況を把握することもできるので、学習者の管理も適切にできます。

 FinTech(フィンテック)
H28.12月号
 ICT技術を使った新たな金融サービスのことで、金融を意味する「Finance」と、技術を意味する 「Technology」を組み合わせた造語です。フィンテックは日本で作られた和製英語ではなく英語でも伝わる単語です。
 代表的なフィンテックの事例として一番有名なのがモバイル決済です。
 従来はクレジットカード決済端末という大きな機械を購入し、それを電話回線などにつなぐことでクレジットカード決済は行われていましたが、フィンテックを活用したモバイル決済では携帯電波で決済が出来るので、スマートフォンに最小限の器具を付けることでクレジットカード決済が出来ます。
 自動で家計簿が作れるクラウド家計簿もあります。クレジットカードのネット明細や電子マネーの利用履歴などをひとまとめにし、自動で家計簿を付けてくれる仕組みが出てきました。
 これらのサービスを使うと銀行口座残高、収入、食費や交際費などの支出などが一目瞭然でわかるようになるため、会社の経費管理にも活用できるようになります。
複数枚のクレジットカードやポイントカードを1枚の電子カードにまとめた、ユニバーサルクレジットカードもできています。
 LINEやFacebook経由でお金を送金できるようになったり、指紋認証だけで店頭での支払いができるようになったりと、今後もフィンテック分野の技術革新が行われていけば世の中がグッと便利になっていくものと思います。病院の窓口での支払いも効率的になり、未収金も無くなるかもしれません。期待しましょう!

 FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)
H20.5月号
 人間が何か作業をする以上、ヒューマンエラーは必ず発生する。FMEAとは、事前に予想されるあらゆる故障モードを列挙し、その中から周囲への影響度の高い故障モードを抽出し、事前に対策を講じようとする信頼性解析の手法である。

 多く存在するエラーの中でも影響度の高いエラーは少なく、重点的に対策すればエラーの大半が防止できるという経験則に裏付けられている。簡単な対策から講じよう、出来るところから対策しようとするとそれほど重要でないエラーに対する対策のみが選ばれ、本来真っ先に対策を取るべき重要なエラーが放置されて残ってしまうということが少なくない。

 医療分野においてもFMEAを用いて医療活動の中で発生するトラブル原因を網羅し、影響の高い原因を絞り込み、重点的に対策することで効果的な医療事故防止活動に役立つことが期待されている。実際、アメリカではHFMEAとして医療用に改良され、広く利用され始めている。