過去のキーワード

あ行

アウトソーシング
アサーション
アディポネクチン
アドボカシー
アラフォー世代
アンメット・メディカル・ニーズ
イノベーション25
イクボス
医療ADR
医療・介護総合確保推進法
医療観光(メディカルツーリズム)
医療コンシェルジュ
医療法人制度見直しに関する改正
ウィキペディア
ウィークタイズ
ウィズ・エイジング
オレンジプラン

か行

カーボンオフセット
介護保険移行基準病棟と経過型介護療養型医療施設
カロリーリストリクション
患者申出療養(仮称)
がん診療連携拠点病院
希望出生率
キャッシュフロー
キャンサーボード
クラウド・コンピューティング
クリニカルインディケーター
クリニカルラダー
クリニクラウン
グリーンケミストリー
ケアメン
減価償却・減価償却費
健康経営銘柄
健康フロンティア戦略
高齢者専用賃貸住宅
コーチング
コードグリーン
コンピテンシー
コンプライアンス

さ行

災害医療のキーワード、CSCAとTTT
在宅療養支援診療所
サーチュイン 長寿遺伝子
里山資本主義
サブプライムローン問題
ジェンダーフリー
事業継続計画(BCP)と事業継続マネジメント(BCM)
地震、雷、火事、親父
自炊
社会医療法人
#8000
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
10万人の命を救うキャンペーン(100K Lives Campaign)
情報セキュリティシステム
(ISO/IEC15408・27001)

賞味期限と消費期限
女性医療
新医師臨床研修制度
新素材
ストレスチェック制度
スパイクス
スマートコミュニティ
総額表示方式
尊厳死法制化

た行

ダイバーシティ経営
タスク・シフティング
地域包括支援センター
つながらない権利(The right to disconnect)
定昇とベア
データヘルス計画
デバイスラグ(device lag)
電子レセプト
独立行政法人

な行

ナース・プラクティショナー
任意後見制度
ノロウィルス
認定看護師制度
ノーマライゼーション

は行

バイオミミクリー
バイオメトリックス
パストラルケア
ハビリテーション
パフォーマンス・デベロップメント
パラレルキャリア
ハーレムシェイク
パワーリハビリテーション
ピアサポート
ビアーズ基準
非営利ホールディングカンパニー型法人
病院機能評価の新バージョン
病床種別届
フィッシュ!哲学
フェイスブック
フォーカスチャーティング
フードファディズム&メディアリテラシー
プレミアムフライデー
分子標的薬剤
ヘリコプターマネー
ヘルスケアポイント
ヘルス・リテラシー(health literacy)
プレパンデミックワクチン
ボディメカニクス
ホメオパシー
ホールディングカンパニー型の新型医療法人

ま行

マインドマップ
マグネットホスピタル
ミステイクとスリップ
メタボリックシンドローム
メディア・ユニバーサル・デザイン
メディカルモール
メディカルラリー
メルトダウン
モンスター・ペイシェント

や・ら・わ行

ユマニチュード
夢の病院
リバースモーゲージ
粒子線治療
レギュラトリーサイエンス
ロコモティブシンドローム
ワークアウト
ワンピース世代 VS ガンダム世代

A~C行

ACT
Ai(死亡時画像病理診断)
BLI(「より良い暮らし指標」OECD)
BSC(バランストスコアカード)
CFS(慢性疲労症候群)
CCP マトリックス(重症度を考慮した評価手法)
CCRC
COPD「タバコ病」

D~F行

DESC法
DMAT
DNR「蘇生させないでください」
DRG/PPSとDPC
EBM
EU ETS(European Union Emission Trading Scheme)(欧州連合域内排出量取引制度)
e-ラーニング
FinTech(フィンテック)
FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)

G~I行

G N H(Gross National Happiness)
HACCP
HPKI[保健医療福祉分野公開鍵基盤]
HSR
ICタグ
ICT
ID-Link
iPSバンク
IPW(多職種連携)
IoT(Internet of Things)モノのインターネット
ISOについて

J~L行

JISX8341-3(JIS規格 高齢者・障害者等配慮設計指針)
Li-Fi(Light Fidelity,ライファイ)
LOHAS

M~O行

MCI(軽度認知障害)
NBM
NGN
NST

P~R行

P4P
PFI
PFM
PONR
QRコード
RRS (Rapid Response System)

S~U行

SPD
SSL/TLS
SS-MIX(厚労省の電子的診療情報交換推進事業)
TED(テド:Technology Entertainment Design)
TPP「環太平洋戦略的経済連携協定」

V~X行

VPD (ワクチンで防ぐことのできる病気)

Y~Z行

過去のキーワードはありません

キーワードTOP
病院協会TOP

 MCI(軽度認知障害)
H27.10月号
 MCI(Mild Cognitive Impairment)とは、健常者と認知症の中間にあたる症状で、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいるが、日常生活には支障がない状態のことである。
  65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっている。認知症の前段階であるMCIの高齢者も約400万人いると推計されている。65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算である。
  MCIになると、本人または家族から記憶障害の訴えがあり、日常生活動作や全般的認知機能は正常であっても、同世代と比べても高度な記憶障害が存在するという。MCIを放置すると、認知機能の低下が続き、5年間で約50%の人は認知症へ進行すると言われている。
  しかし近年、MCIの段階で発見し、適切な対処を行うことによって、認知症の発症を防いだり、遅らせたりすることが可能なことがわかってきた。食習慣を見直し、定期的な運動習慣で脳の生理状態を良好に保ったり、いろいろな人とコミュニケーションをとり、頭を使って行動したりすることで認知機能を重点的に使って、機能の改善や維持を図れるという。
  近頃、人の名前が思い出せない。親の認知症を心配するより、自分の予防が必要かと心配になってきた。


 NBM
H21.6月号
NBM(Narratve-Based Medicin)とは、物語にもとづく医療と訳されている。
 患者一人ひとりで文化が違い、病気や医療に対する価値観や態度が異なるように、ある症状を訴える患者の病気はその人だけのものであり、その訴えから医療者は単なる感染症やガンとして、EBMに則り客観的、科学的な方法のみで対応すると十分な満足が得られる医療が提供できていないことに陥りやすい。
 患者は一人ひとり育った環境や文化が大きく異なっていることを前提に置き、患者には一人ひとりの物語があると考え、また出会った医療者との関係でも一つの物語が進んでいると理解し、個々の患者の物語に耳を傾けて医療を進めて行く、患者の価値観の違いにも敏感に感受し、対応することが求められていくと思われる。

 NGN (Next Generation Network)
H22.7月号
 次世代電話通信網の総称。現在の固定電話網、インターネット網、携帯電話網を統合するだけでなく、放送網も含めて「通信と放送の融合」を目指す。技術的には、インターネット網で使われているIP(インターネットプロトコル)ネットワーク技術をベースに、サービスとして電話・映像送信などを統合したものを指す。
 簡単にいうと、今まで別々だったインターネットサービス用IPネットワークと電話サービス用の電話網を一緒にしたものである。
 将来は携帯電話、PDA、テレビなどによる通信ができることを目指している。
 居間のテレビでビデオ・オン・デマンドの映像を見ながらテレビ電話がかけられるシステム、ベットに敷いた測定器で計測した脈拍や呼吸数などの情報を介護センターに送信するシステムなど、現在実証実験を行っている。
* IP(インターネットプロトコル)
インターネットにおいて、情報の伝達を行うプロトコル(コンピュータ同士が情報交換するための通信規約)でありインターネットの基礎部分となる重要な役割を持つ
* PDA
文字情報、音声画像を全てデジタル技術で統合し、通信機能をも備えた個人向けの情報端末
* ビデオ・オン・デマンド
視聴者が見たい時に様々な映像コンテンツを視聴できるサービス

 NST(Nutrition Support Team)
H16.9月号
 NST(栄養サポートチーム)は1970年米国のシカゴで誕生した医師、薬剤師、看護師、栄養士が集結し患者サイドに立って専門的な栄養チームの必要性を唱えたのが始まり。1980年代に全米に広がり、他の欧米諸国に普及した。1998年6月鈴鹿中央病院で現藤田保健衛生大学外科学・緩和ケア講座の東口高志教授が日本初のNSTを設立。
栄養管理はすべての医療の基本であるという以下の考えに基づいている。
  • 栄養状態が不良であればいかなる治療も無効である。
  • 適切な代謝・栄養管理は症例の予後を改善する。
  • 不適切な栄養管理は予後を増悪する。

NSTの役割として
  1. 栄養評価→栄養管理が必要か否か判定
  2. 適切な栄養管理がなされているかをチェック
  3. よりふさわしい栄養管理方を指導・提言
  4. 栄養管理にともなう合併症の予防・早期発見・治療
  5. 栄養管理上の疑問に答える(コンサルテーション)
  6. 資材・素材の無駄を省く
  7. 早期退院や社会復帰を助ける
  8. 新しい知識の習得・志気の向上


 チームで患者中心の栄養管理することで患者にも病院にもスタッフにも満足度を上げることが出来る。日本静脈経腸栄養学会でNSTプロジェクトが展開されており2004年8月現在全国で272施設が設立されている。